グレーゾーン金利とは?
グレーゾーン金利とは、利息に関して定められている二つの法律の
一つは上限を超え、もう一つは範囲内の一に利率を設定したときの範囲のことを言います。

利息は業者の好きなようにつけて良い訳ではありません。上限があります。
しかしそれを定めている法律は「利息制限法」と「出資法」の二つあり、
それぞれ上限が違うんです。



利息制限法で定められている上限は以下の通りです。

元本10万円未満:年20%
元本10万円以上100万円未満:年18%
元本100万円以上:年15%

しかし、出資法で定められている上限は29%。

この利息制限法の上限は超えているけれど、
出資法の範囲内の部分をグレーゾーンと呼んでいます。

グレーゾーンと聞くと違法ではないのかと思われるかもしれませんが、違法です。
グレーではなく、ブラックです。

利息制限法で定められている割合以上の利息は法律上では無効なので
支払う義務はありません。
もし支払った場合は「過払い金」として返してもらうことも可能なんですよ。

しかし消費者金融などでは、このグレーゾーン金利の場合が多いです。
ではなぜわざわざグレーゾーン金利に設定しているのでしょうか。

理由は簡単。利息制限法には罰則がないんです。

知識が無い人からすれば、利息制限法を超えたグレーゾーン金利も
支払う義務があると思ってしまいますし、
支払う義務はないということが分かっている人は
その金融機関でキャッシングサービスを利用しないでしょう。



つまり、グレーゾーンで利率を設定している金融機関は
知識のない人は元々相手にしていないという訳です。

いくらお金に困っていても、やはりあらかじめ調べておくべきなんですね。
お金を借りて生活を少しでも楽にするためにした借金が、
自分を苦しめることになるかもしれません。

ただ「みなし弁済」と言って、無効になるはずの金利が有効になる場合もあります。
みなし弁済については別記事でご紹介するのでお時間がある時にでも読んでみてください。

カテゴリー

グレーゾーン

  
Copyright (C) 2013- グレーゾーン金利基礎知識 All rights reserved.